スクールブログ

2016-03-11 15:21:00

本質を見抜く力とは

東日本大震災から5年が経ちました。

我々日本人は震災以降と以前では価値観が

大きく変わったのではないでしょうか。

この節目にSavvyを設立し、子供たちの未来をに担っていくという

責任を、決意を新たにしております。

 

 

先日、経済学者の 浜 矩子さんのお話を伺う機会がありました。

とても興味深い話がたくさんあったのですが、

その中で一つ印象的なお話がありました。

 

表層的な事実の奥にある真実や本質を見抜くために「三つの道具」が必要である。

それは「目」であり「耳」であり「手」であるとのこと。

「目」とは、”涙する目”。

他人の為に涙を流せる目を持ちなさい。

 

「耳」とは、”聞く耳”

自分とは違う意見にも傾けられる耳でありなさい。

 

「手」とは、”差し伸べる手”

いついかなる時も他人のために差し伸べる手を持ちなさい。

 

子供たちには、他者の意見を尊重し、他が為に涙を流し、

必要とする人に手を差し伸べることができる大人になって欲しいと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2016-03-08 23:44:00

Savvyの振替はかんたん!

急な病欠でも家族の長期旅行でも。

どんな理由でもSavvyは1か月以内なら振替が自由にできます。

 

例えば週2日コースなら当月と次月で合計約16回のレッスンを

必ず受けられます。

 

振替はいつもの曜日と違ってもOK。他の曜日のネイティブ

レッスンを受ける良いチャンスにもなります。

 

今の子供たちは選択肢がたくさんあります。

私たちはSavvy以外での経験や交流も大切だと考えています。

Savvyでのレッスン機会を失うことなく、様々な経験をして欲しい。

私たちの大きな理念の一つです。

 

 

 

2016-03-05 07:39:00

Savvyの安心・安全への取り組みについて

塾長の守安はここ20年の間に日本で起きた神戸と東日本の大震災を2つとも経験しております。

その経験を通じて、日頃から防災への準備はきちんとしています。

 

Savvyの屋内においては避難経路が直線で取れることを絶対条件とし、

通塾においては子供が一人でEVに乗らない環境や学校から徒歩で通える環境などを重視して場所の選定をしました。

 

また室内で取る水は沖縄のメーカーによるミネラル水、延長時の夕食は北海道からの無添加食の取り寄せなど

生活上の安心にもこだわっています。

 

大事なお子様を預かる際に、保護者の方へ安心も届けたいと考えています。

私が働いていた時に我が子へ望んでいた事だから。 

 

1 2